神戸弘陵学園高等学校の教育



ph_inoue.jpg
理事長・学校長 井上 和彦

 本校が男女共学校として新たな出発をし、本年度で5年目となりますが、こういうことを学校行事での挨拶などで話したり、書いたりするのはおそらく今年度までだろうと思っています。と申しますのは、今年度の全校生徒数635名の内約5分の1に当たる123名が女子生徒となり、公立高校などに比べればその数はまだまだ少ないものの、男女の生徒が共に学校生活を送っている姿が当たり前のものとなってきたからです。そして、生徒一人一人が若い活力に満ちた毎日を送ることのできる、そういった学校を創り出したいという、男女共学化に込めた思いが、より一層目に見える形で実現しつつあるからです。一昨年スタートさせた男女共学の総合進学コースも3学年が揃い、名実ともに共学校となりましたが、各部活動の活躍は目を見張るものがあり、進路の実績も着実に向上しつつあります。
 この共学化5年目の現在までに、全国大会で優勝や出場を果たした部活動としては、全国高校選手権,全国高校選抜で優勝、全国ユース選手権では2連覇を成し遂げた女子硬式野球部を初め、全国高校総体に2回、全国高校選手権に1回出場し、2016,2017年度には高校生年代国内最高峰のプレミアリーグで活躍するなど県下最強チームと言われるまでになったサッカー部、さらに全国高校選手権に創部2年目から3年連続で出場を果たした女子サッカー部があげられます。また、マーチングバンド部は15年連続で全国高校総文に出場し、バレーボール部や剣道部は毎年のように近畿高校総体に出場するという実績を誇っています。
進路について申しますと、数はまだ少ないものの4年連続で国立大学への合格者が出たこと、また、昨年度は学校紹介の就職内定が9月時点で100%となるなど、着実に成果を上げつつあります。進学実績の向上については、今後も生徒の更なる頑張りに期待したいと思うと共に、時代の要請にしっかり対応した、より一層充実した教科指導、受験指導を展開していきたいと思います。
 さて、きめ細かい進路指導を含め、私どもの務めは、生徒一人一人が生き生きとした高校生活を送り、一人一人が自分の未来への希望を持つことができるような学園創りを進めて行くことです。共学化以前からカリキュラムの大幅改訂やコース制の導入、不登校生の受け入れなど、ソフト面の充実に力を注いできた反面、ハード面の充実即ち施設設備の改修・改善の立ち後れへの対処が大きな課題となっていました。これにつきましては、昨年度、校舎・体育館の補修・改修工事に着手し、現在も継続中です。また、第三グランドの全面人工芝化が完了し、県下屈指のサッカー施設が完成しました。今後も残されたあるいは今後生起してくるであろう、ハード面の課題を一つ一つ改善する努力を重ねて行くことが求められています。
また、男女共学化初年度の平成26年度より掲げています、本校の教育方針は変わるものではありません。三つの“開く”、すなわち、1.心と能力を開く、2.未来を開く、3.地域に開く、この三つです。今後も、1.2.の内実をさらに深め、地域社会の一員としての自覚を生徒・教職員が共有し、地域に開かれた学校づくりを目指し、“どの生徒にも居場所のある学校”の具体化をさらに進めていきたいと思います。

学園ヒストリー

昭和57年12月25日
兵庫県知事より許可を得る
昭和58年 2月28日
校舎・体育館・付属施設竣工
昭和58年 4月 1日
岡勝 初代校長となる
昭和58年 4月 8日
第1回入学式挙行
昭和59年 5月 2日
校歌制定発表
昭和60年 7月13日
第2グラウンド完成
昭和60年12月 1日
神戸弘陵メモリアルホール竣工
昭和61年 2月 8日
第1回卒業式挙行
昭和61年 4月 1日
花房保 第2代校長となる
昭和62年 4月 1日
文理コース・標準コース・体育コースの3つとなる
昭和63年 4月 1日
深澤幸夫 第3代校長となる
平成 4年 5月 2日
創立十周年記念式典を挙行
平成 5年 4月 1日
畠中耕一 第4代校長となる
平成 5年 8月27日
畠中耕一 理事長・校長を兼任する
平成 6年 4月 1日
トレーニングルーム新設
平成 7年 9月 1日
家庭科教室新設
平成 8年 4月 1日
学生寮を設置する
平成12年 4月 1日
武村實 第5代校長となる
平成13年 4月 1日
コンピュータ室完備
森本宏 第6代校長となる
平成14年 5月 1日
楠田信照 第7代校長となる
平成15年 4月26日
楠田信照 理事長・校長を兼任する
平成16年 4月 1日
清水益太郎 第8代校長となる
平成16年12月23日
清水益太郎 理事長・校長を兼任する
平成19年 4月 1日
藤田直孝 第9代校長となる
平成20年 7月 1日
藤田直孝 理事長・校長を兼任する
平成24年 4月 1日
井上和彦 第10代校長となる
文理コース・体育コースの名称を変更し、特進文理コース・総合教育コース・体育特選コースとなる
平成24年12月 1日
井上和彦 理事長・校長を兼任する
平成25年 5月10日
創立30周年記念式典挙行
平成26年 4月 1日
特進文理コース・体育特選コースが男女共学となる
平成28年 4月 1日
男女共学の総合進学コース新設