神戸弘陵学園高等学校の教育



ph_inoue.jpg
理事長・学校長 井上 和彦

 2014年4月に男女共学となり、今年度はその4年目となりました。共学化一年目の皆さんは17年2月に無事卒業していきましたが、共学一期生の女子生徒は、看護学部・薬学部などの医療系学部や、野球やサッカーをより高いレベルで続けたいと体育系学部への進学を果たした生徒、あるいは一流ホテルや女性運転士を目指して電鉄会社に就職した生徒など、それぞれが目指してきた進路へと進んでいきました。教育系国立大学を目指し、卒業間際まで部活動と勉学を両立させ3名の合格者を出した男子生徒、創部3年目で全国制覇を成し遂げた女子硬式野球部、創部2年・3年目と連続して全国高校選手権への出場を果たした女子サッカー部などの本校にとって快挙ともいえる実績と併せ、目的意識を明確に持った女子生徒を受け入れ、学園のさらなる活性化をはかるという共学化の当初の目的や目標は、第一段階のステップを確実に踏み出すことができたと思います。そして、今年度男女共学化4年目を迎え、学校に女子生徒がいることが当たり前の自然な雰囲気になり、学校生活の様子も一層落ち着き、同時に部活動等を中心に活気あふれる学園風景が広がっています。
 さて、共学化と共にここ数年で大きく変わった、良くなったことの一つに挨拶のできる生徒が増えた、正確には、多くの生徒がきちんと挨拶できるようになったということを挙げたいと思います。学校に来られる様々な来客の方とお話をさせていただくとき、以前にも増してよく伺うようになったことは、本校生の挨拶についての感想です。異口同音におっしゃるのは、「どの生徒さんも、ほんとうによく挨拶ができますね」ということです。全員の生徒が一人の例外もなくということはないことだろうとは思いますが、「どの生徒さんも」と感じるほど印象が強いということは間違いのない事実だと思います。挨拶は人とのコミュニケーションの第一歩だと、全校集会でも生徒の皆さんに話しているのですが、文字通り「どの生徒も」自然に挨拶ができる学園になっていくことを願っています。挨拶がきちんとできることが、生徒一人一人のコミュニケーション能力の向上には欠かません。そして学園の一層の活性化のためにも欠かせないことと思います。
 一方、私どもの務めは、生徒一人一人が生き生きとした高校生活を送り、一人一人が自分の未来への希望を持つことができるような学園創りを進めて行くことです。共学化以前からカリキュラムの大幅改訂やコース制の導入、不登校生の受け入れなど、ソフト面の充実に力を注いできた反面、ハード面の充実即ち施設設備の改修・改善の立ち後れへの対処が大きな課題となっています。来年度に向けて校舎・体育館の補修・改修を進め、第三グランド(サッカーグランド)の人工芝化も実現する予定です。今後の私どもの更なる努力が求められています。
また、男女共学化初年度の平成26年度より掲げています、本校の教育方針は変わるものではありません。三つの“開く”、すなわち、1.心と能力を開く、2.未来を開く、3.地域に開く、この三つです。今後も、1.2.の内実をさらに深め、地域社会の一員としての自覚を生徒・教職員が共有し、地域に開かれた学校づくりを目指し、“どの生徒にも居場所のある学校”の具体化をさらに進めていきたいと思います。

学園ヒストリー

昭和57年12月25日
兵庫県知事より許可を得る
昭和58年 2月28日
校舎・体育館・付属施設竣工
昭和58年 4月 1日
岡勝 初代校長となる
昭和58年 4月 8日
第1回入学式挙行
昭和59年 5月 2日
校歌制定発表
昭和60年 7月13日
第2グラウンド完成
昭和60年12月 1日
神戸弘陵メモリアルホール竣工
昭和61年 2月 8日
第1回卒業式挙行
昭和61年 4月 1日
花房保 第2代校長となる
昭和62年 4月 1日
文理コース・標準コース・体育コースの3つとなる
昭和63年 4月 1日
深澤幸夫 第3代校長となる
平成 4年 5月 2日
創立十周年記念式典を挙行
平成 5年 4月 1日
畠中耕一 第4代校長となる
平成 5年 8月27日
畠中耕一 理事長・校長を兼任する
平成 6年 4月 1日
トレーニングルーム新設
平成 7年 9月 1日
家庭科教室新設
平成 8年 4月 1日
学生寮を設置する
平成12年 4月 1日
武村實 第5代校長となる
平成13年 4月 1日
コンピュータ室完備
森本宏 第6代校長となる
平成14年 5月 1日
楠田信照 第7代校長となる
平成15年 4月26日
楠田信照 理事長・校長を兼任する
平成16年 4月 1日
清水益太郎 第8代校長となる
平成16年12月23日
清水益太郎 理事長・校長を兼任する
平成19年 4月 1日
藤田直孝 第9代校長となる
平成20年 7月 1日
藤田直孝 理事長・校長を兼任する
平成24年 4月 1日
井上和彦 第10代校長となる
文理コース・体育コースの名称を変更し、特進文理コース・総合教育コース・体育特選コースとなる
平成24年12月 1日
井上和彦 理事長・校長を兼任する
平成25年 5月10日
創立30周年記念式典挙行
平成26年 4月 1日
特進文理コース・体育特選コースが男女共学となる
平成28年 4月 1日
男女共学の総合進学コース新設